2013年6月14日

ロシアの鉛筆削り、ステープラー

ro_006.jpg

今日はロシアから届いた文具たちをご紹介します。

遠いようで近い国、ロシア。とってもかわいいですよ。

ro_006_1.jpg

鮮やかなブルーがいかにもロシアらしい?小ぶりの手動式鉛筆削り。

昔なつかしいこのタイプ、探している方も多く根強い人気です。

小さい頃は、下の引き出しを開けて削りカスがたまるのを見ては喜んでいたような 笑。

そしていつしか手動式から電動式でがーっと削るタイプに移行して

電動にすっかり夢中になっていましたが、今思えば無駄に鉛筆が小さくならず、ルックスも上だったなぁと。

こちらの鉛筆削り、プラスティック製で重さはありませんが、本体の裏に滑り止めが貼ってあり、机にしっかり固定できる器具も付いてます。

三角軸や太軸は使用できませんが、一般的な鉛筆の太さ(約7mm)までお使い頂けます。

ro_009_2.jpg

こちらは、ジャケ買いしたくなるようなステープラー芯。

紙の箱には、10号芯が1000コ詰まっています。

10号芯なので、お持ちのステープラーにすぐお使い頂けます。

ro_007.jpg

ro_008.jpg

微妙にカラーとサイズが違う2種類のステンレス製ステープラー。

押さえ部分にくぼみがあり、力が入りやすく使いやすい使用になっています。

シャープでかっこいいステープラーです。

ro_010.jpg

ro_010_1.jpg

こちらもジャケ買いしたくなるような、修正液。

ハケで塗りつぶす、なんともなつかしい仕様です。

もちろん実用的ですが、机などに飾って楽しむのもいいですね。

ロシアものは数は少なめですので、気になる方はお早めに!

toshop.jpg

このページの先頭へ