2016年6月12日

ツバメ TK4、設計ノート、事務用箋

news_0611_1.jpg

私が使っているお店用のA5サイズのツバメノート。

ほぼ商品のラインナップは変わらないのと、お値段が良心的なのも

使い続けている理由のひとつかもしれません。

店頭でもおなじみ、日本が誇るノートメーカーツバメノート。

あのコンランショップのショーケースに飾られているのも有名な話。

このツバメノート、私も初めて知った時には本当に驚きましたが、

水性インクで罫線を実際に引く「罫引き」という手法を今も続けています。

※通常のノートの罫線はほぼ油性インクのオフセットで印刷されています。

tb_030_4.jpg※縦書きもあります!

オフセット印刷は油性インクのため、紙に染み込まず罫線がわずかに盛り上がります。

それに対し罫引きは水性インクのため紙に染み込むので

万年筆や水性ペンで書いてもインクを弾かずなめらかなに筆記できるという訳です。

しかも罫線所では、おひとりの方が昔ながらの製法で

ツバメ商品を全て担っておられるとのこと。すごいことですよね。

そんなことを知ると、またこのノートにより愛着が湧いてきます。

そう考えると、身の回りのものほとんどが誰かの手によって作られているんですよね。

どんなものも大切にしなければいけませんね。

ツバメノート、種類は本当にたくさんありますが

ハルカゼ舎の店頭に新しい仲間が増えたので、ご紹介致しますね。

tn_004_4.jpg

変形ノート TK4

通常のB4サイズよりも上下が短く、幅の広いサイズ。

ちょっと見とれてしまうほどかっこいいノートです。

tn_004.jpg

中面は8mm横罫、カバーの次に黄色いインデックス付き。

いつものノートとちょっと違う使い心地をお楽しみ下さい。

webshop→ツバメノート TK4

tn_003_5.jpg

こちらもちょっとめずらしい設計のためのノート。

ツバメと建築ユニットツバメアーキテクツがコラボ開発したノートです。

tn_003_2.jpg

左ページは縮尺1/100と1/300のドットの目盛り。

tn_003.jpg

右ページは、尺貫法に基づいた4.55mmの方眼が記載されています。

ドットを頼りにアイデアスケッチしたり、柱や仕上げ素材の割り付け検討などにお使い頂けます。

もちろん専門的ではなくても、お好きにご自由にお使い頂けます。

webshop→設計ノート

tn_005_3.jpg

久しぶりに横書きの便箋も入荷しました。

美しいブルーの罫線にさり気ないツバメの文字。

ノートと同じフールス紙を使用、厚みがあるのもうれしいところ。

tn_005_5.jpg

事務用にはもちろん、普段のお便りにも使って素敵な便箋です。

みなさんもぜひ、一度ツバメを手に取ってみて下さいね。

webshop→事務用箋 横書

webshop→ツバメノート全商品

 

 

このページの先頭へ