2019年9月28日

BLACKWING 33 1/3

bw_010.jpg

以前こちらでもご紹介したBLACKWING。

1930年代にアメリカで発売され、多くの著名人に愛されたと言われる鉛筆です。

惜しまれつつも生産終了となりましたが、近年「PALOMINO」ブランドの

ひとつとして復刻し、新たな歴史がスタートしました。

数々発表されている限定コレクションの中から、今回 33 1/3が入荷しました。

アナログレコード盤へのオマージュとして作られた、オールブラックモデルです。

ーデジタルでは得る事のできないジャケットのアートワークや音質、

それは書くという行為において、デジタルでは筆記や読書時の紙への質感や伝わる思いを

得られないという事と通じていますー BLACKWING HPより抜粋

bw_010_1.jpg

そんな思いが込められたこのモデル、名前はレコードの回転数 33 1/3から。

bw_010_3.jpg

縞模様はレコードの溝がモチーフになっています。

bw_010_6.jpg

金具部分や消しゴムも全てブラック。

硬度は2B程度です。

コレクションに加えたいかっこいい1本です。

webshop→PALOMINO BLACKWING 33 1/3

bw_003_1.jpg

復刻後、最初に発売されたのがこちらのBLACKWING。

試し書きをされて、書き味のなめらかさに驚かれる方も多く、

店頭では1番人気のモデルです。硬さは4B程度。

webshop→PALOMINO BLACKWING

bw_004_3.jpg

ホワイト軸にゴールドのロゴが光るPEARLは、2B程度。

webshop→PALOMINO BLACKWING PEARL

bw_004_2.jpg

光沢あるグレーが品の良い602、硬度はB程度です。

webshop→PALOMINO BLACKWING 602

57F439D2-094E-4E87-AFDC-779E70E0499A.JPG

限定モデルは順々に廃盤になってしまうため、気になる方はお早めにどうぞ。

その他のBLACKWING、PEARL、602のベーシックモデルは

定番で取り扱いたいと思っています。

先日たまたまいらして下さったのが、この鉛筆を作っているメーカーの方で、

 ※PALOMINOはアメリカのブランドですが、

 高い品質や確かな技術を持つこの日本で作られています。

今まで販売された限定モデルやちょっとした秘話などを聞かせて頂き、

ますますこの鉛筆に興味が湧いてきました。

まるで逆輸入しているようなこの高級鉛筆、ぜひお試し下さいね。

このページの先頭へ