2014年1月20日

シマシマヤトーキョー

notes_0120.jpg

昨夜のシマシマヤトーキョーの様子。

下北沢の暮らしの道具のお店、シマシマヤトーキョーが昨日で閉店されました。

シマシマヤのヒロミさんとは、友人を通じてのとてもおもしろい出会いから。

個人的にも、お店をやっていく上でもとてもとてもありがたい友人のひとりになりました。

和食器の知識のない私が、うつわの楽しさや素敵さを知ったのは

シマシマヤトーキョーとヒロミさんに出会ったから。

ヒロミさんの教えてくれる感じが、いつもすごく親切でわかりやすかったからこそ

手にとってみたくなり、実際に使ってみたくなりました。

うつわに盛りつける楽しさ、目でみる美味しさ、そんな楽しみが増えたような気がします。

そしてとてもうれしいのがヒロミさんを通じて、すてきな方々とのご縁を頂いたこと。

昨日集まれなかった数人の友人も含め、本当にそれはありがたいなぁと思います。

notes_0120_1.jpg

シマシマヤさん最後の夜は、あまりにも楽しい夜でした。

でもヒロミさんから素敵なお客さまの話を聞き、オギちゃんと3人で泣いてしまいました。

帰り道もやっぱりさみしくて、三輪田さんとコトリさんと歩きながら泣きました。

またひとつ素敵な場所がなくなってしまったけれど

それを続けていたヒロミさんの苦労をおもうと、どうしてもやっぱり涙がこぼれました。

今の下北沢という街に、とても貴重なお店でした。

ヒロミさん、3年半本当におつかれさまでした。

新しい道をまた、これからも応援しているよ。