2017年4月16日

めがね

notes_0312.jpg

ふたつきほど前に、めがねを作りました。

いつの間にかとても目が悪くなったのにも関わらず

そのまま放ったらかしのまま、自宅以外は裸眼で過ごしています。

きっと誰もが驚くほどいろいろなものが見えていません。

多少見えなくても、日常にはさほど支障がないように思え

その上ぼんやり見える視界に馴れ過ぎたのか、これもまたいいよね、なんて思う始末。

そして何より似合わないという思いが多分にありまして。

ところがそんなある日、いいタイミングで所謂セールというものにつられ

いいタイミングで気に入ったものに出会ってしまうわけです。

いやぁ、見えるってすごい。感動でした。

街の景色も通りを行く人たちの姿も、鮮明に見える!

夜空に浮かぶ星たちも止まってる!(いつもはユラユラぼんやりしている)

世の人々はいつもこんな感じに見えているのか!

見え過ぎる(というのもおかしな話ですが)事への恐怖心も

いやいや、見えない方が怖いのね、と素直な驚きが満載でした。

不慣れさと少しの気恥ずかしさで、お店ではまだたまにしか登場しませんが

(もちろん高価なものではありませんが)とても気に入っています。

これでテレビや映画、そしてみなさんの顔や表情も

しっかりくっきりちゃんと見えるようになりましたよ。

そしてそこにはまた、新たな驚きも生まれるわけです 笑。