2017年12月24日

文具女子博、ありがとうございました

notes_1224.jpg

先々週の12月15、16、17日に流通センターで開催された文具女子博。

行かれた方もいらっしゃるかな?

このような大規模なイベントに参加させて頂くのは、もちろん初めて。

そして文具のみ、のイベントというのも実は初めての経験でした。

朝のテレビで紹介されているのを見て「これはただ事でなないぞ」と

追加納品がてら、2日目の開店前に駆け足でお邪魔してきました。

電車をふたつ乗り継ぎ、浜松町からモノレールに飛び乗り、

目の前に広がる景色にちょっとわくわくしながら駅に降り立つと、既に長蛇の列!

その雰囲気に圧倒されつつも、どきどきしながら入場しました。

そして会場内に入れば、それほど混雑する事もなく

とってもいい雰囲気で、じっくりと楽しむ事が出来ました。

notes_1224_4.jpg

notes_1224_1.jpg

notes_1224_5.jpg

ハルカゼ舎ブースは、入ってすぐの場所に配置されていたため

たくさんの方が立ち止まって下さっていて、もう胸がきゅぅっとなりました。

また、普段はあまりお会いする機会のないメーカーさん達が

直接お客さまとやりとりしている姿も、なんだかすごく良かったです。

基本シャイな感じの方が多くて、それも好感が持てました 笑。

notes_1224_6.jpg

いつもお世話になっているHITIDEさんブース、さすがの素敵さでした。

それにしても、蒼々たる日本の一流文具メーカーがこんなふうに一同に楽しめるなんて

やっぱりすごい事だなぁとしみじみ思う反面、

なぜそこにハルカゼ舎が、というなんとも言えないおもしろみも感じました 笑。

「文具女子博に行きたかったけど、人混みが苦手なので」と

わざわざお店に来て下さったかたも何人かいらっしゃったり

きっとハルカゼ舎という名前を初めて耳にする方がほとんだったと思いますが

そんな方々に知って頂けたのは、とても大きな事だと思いました。

ご来場、ご来店頂いたみなさま、関係者のみなさま、本当にありがとうございました。

2017年の最後に、とてもいい経験をさせて頂きました。

notes_1224_06.jpg

こちらは、自分で買ったおみやげたち。

コクヨのロクブンノイチ野帳は、琵琶湖が滋賀県の面積を1/6を占めることから付いた商品名で

見返し部分には、琵琶湖・淀川水系のヨシ紙を使用していたり

琵琶湖の面積や最大水深、湖底断面図など、琵琶湖に特化した測量野帳。

これ、欲しかったんですよね。うれしい。

コクヨの方のとても丁寧なご説明が有り難かったです。

そして、この可愛い袋が欲しいが為に買ってしまった?ツバメノート。

使おうか、使うまいか、迷うところです。