2019年11月11日

Noritake、池田久美子、PAPIER LABO.

nori_060_4.jpg

本日カレンダーフェアは最終日、そしてこちらでのご紹介も最後となりました。

長い間おつきあいありがとうございました。

最後のご紹介はシンプルで実用的なデザインのカレンダー5つ。

まずはNoritakeさん、SEE BY DAY 2020。

Noritake、池田久美子、PAPIER LABO.のつづき
2019年11月10日

阿部龍一、オギハラナミ、CHARKHA、芝生

ab_020_1.jpg

早いものでカレンダーフェアも明日までとなりました。

店頭で楽しくお選び頂いてる姿を、日々嬉しく拝見させて頂いてます。

さて、今日は「来年はどこへ行こう、行った事のないあの場所や憧れのあの国?」

そんな旅心誘われる4つのカレンダーのご紹介です。

まずは旅する絵描き、阿部龍一さん。

阿部さん初のカレンダー、TORAVEL CALENDARです。

阿部龍一、オギハラナミ、CHARKHA、芝生のつづき
2019年11月 7日

鈴木みちえ、みやしたゆみ、はらぺこめがね、保手濱拓

sm_030.jpg

今日は暮しにそっと寄り添ってくれるような

ステキな4つのカレンダーのご紹介です。

こちらは今年で4回目のご参加、鈴木みちえさんのカレンダーです。

鈴木みちえ、みやしたゆみ、はらぺこめがね、保手濱拓のつづき
2019年11月 6日

井上コトリ、久奈屋、ヨツモトユキ、死後くん

kt_001.jpg

今日はカレンダーと物語を一緒に楽しむような

4人の作家さんのステキでちょっとユニークなカレンダーのご紹介です。

まずはイラストレーター、絵本作家の井上コトリさん。

コトリさんは久しぶりのご参加、とっても可愛い手ぬぐいカレンダーが届きました。

井上コトリ、久奈屋、ヨツモトユキ、死後くんのつづき
2019年11月 1日

kanaexpress、ALASKA BUNGU、平山昌尚、ノラヤ

48BB1C61-7C9A-42E8-9454-85BE10836B24.jpg

先週の土曜日からスタートしたカレンダーフェア。

今年もユニークでステキなカレンダーや作品が集まりました!

早速こちらでも少しずつご紹介させて頂きますね。

フェアに来れそうもない方もお楽しみ頂けると嬉しいです。

今日はフェア前にひと足早く届いたカレンダーたちのご紹介です。

kanaexpress、ALASKA BUNGU、平山昌尚、ノラヤのつづき
2019年10月14日

HARUKAZESHA CALENDAR2020

DM_harucal2020_1.jpg

こちらでカレンダーフェアのお知らせをするのも、早いもので今年で10回目となりました。

今年もわくわくするようなカレンダーが並びますよ〜。

フェア期間中のみ展示する作品やグッズもお楽しみ頂ける2週間です。

HARUKAZESHA CALENDAR2020のつづき
2019年10月10日

日めくりカレンダー販売開始、お取り扱い店

2ACD7CC9-CEF1-464C-8C3D-920AEBCEB53E.JPG

ハルカゼ舎日めくりカレンダー2020

今年もご予約頂いたみなさま、本当にありがとうございます!

今年も温かなメッセージを添えて下さる方も多く、しみじみ読ませて頂いてます。

本当に嬉しいです、、、そんなお言葉に支えらながらせっせと作業を進めています。

本日から順番に発送も始まりましたので、のんびり気長にお待ち頂けると嬉しいです。

(2020日めくりはより一層のんびりムードです 笑)

日めくりカレンダー販売開始、お取り扱い店のつづき
2019年10月 5日

10月のお休み

AEFCAE23-E6EC-4FC9-AB31-0F912A631D07.jpg

衣替えをしないまま10月になっていました。

急に寒くなったりせず、秋を楽しみたいものですね〜。

大変遅くなりましたが、10月のお休みのお知らせです。

10月のお休みのつづき
2019年9月28日

BLACKWING 33 1/3

bw_010.jpg

以前こちらでもご紹介したBLACKWING。

1930年代にアメリカで発売され、多くの著名人に愛されたと言われる鉛筆です。

惜しまれつつも生産終了となりましたが、近年「PALOMINO」ブランドの

ひとつとして復刻し、新たな歴史がスタートしました。

BLACKWING 33 1/3のつづき
2019年9月20日

2020DIARY 2

dia_004_3.jpg

昨日今日と気持ちのよい秋晴れが続いていますが

明日からの連休は雨模様らしく、ちょっと残念ですね。。

さて、今日もダイアリーのご紹介です。

2020DIARY 2のつづき
このページの先頭へ